NEWS
ネクストグループ
セミナー情報セミナー情報ご挨拶スタッフ紹介グループ概要アクセス・支店紹介リクルートお問合わせ

スタッフブログ

STAFF BLOG

2018年05月09日(水)
多様な働き方を選択できるなら|ワーク・ライフ・インテグレーション

働き方
安倍晋三首相が今国会の最重要法案と位置づける

働き方改革関連法案―

という見出しを目にしない日はないほどです

 

個人的には高度プロフェッショナル制度に該当するような人間になりたいと思います。

この制度は高収入且つ専門知識を持ち

労働時間に縛られない代わりに残業代も深夜・休日手当が払われないというものです

 

まさに私の理想です。

というのも私は【ワーク・ライフ・バランス】のように

働く時間を短くしてより個人の時間を取れるようにするという考え方が苦手だからです。

 

常に仕事をしたいとか

そういう意味ではなく、ただ単に

個人の時間に仕事のひらめきがきたりするからです

 

また、今や

オフィスに行かなくても仕事が出来ます

いつでもどこでも仕事はできてしまいます

働き方

厚労省の言う【働き方改革】が

働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、

働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指すならば

 

私は労働時間を9時―5時で縛るのではなく

仕事と私生活を無理なく連動させる

ワーク・ライフ・インテグレーション】を選択したいと思います

 

現状の私は、本当に出勤義務も月に2回しかないですし

仕事が楽しいのでもっと続けたいし

私自身成長したいという気持ちが大きいです

 

プライベートの時に思いついた事が仕事につながったこともあります

仕事で行き詰ってプライベートを充実させたら

それが転じて仕事の結果につながることもあります

 

かつて海外で就労していたころ

私はJPチームの一メンバーとして2期連続アジアチームとして

他の国のメンバーよりも良い成績を収めました

 

しかし、

他国のメンバーからは

JPチームは残業時間が長いのだから良い成績を収めて当然じゃないか

 

という批判を受けたことがあります

当時は

では他国も残業してJPチームに対抗すればいいと思っていましたが

 

残業って生産性や効率はあまりよくないと個人的に思います

私はJPチームにいた時、残業代が基本給を越え

日付が変わってから退社する感じの残業具合でした

 

あまり集中力が続く方ではないので

わたしの生産性はさほどでもないのに

がっつり残業代をもらってしまう結構あくどいやつでした

 

また、外見はとてもまじめそうに見えるようで

(帰国してからどのように見られているのかわかりませんが日本人というだけで海外の人はまじめだと思ってくれていました)

そんなわたしがさぼっているわけがないと思われていたようです

 

振り返ればそれは自分のためにも会社のためにも

あまりいいことではなかったです。

体調は壊すし、生産性は今一つなのに残業代として会社のお金は放出してしまうのでー

 

ワーク・ライフ・インテグレーションのように

短時間で質の高い結果を出すために

仕事とプライベートを無理に分けない方が私にはあっていると思います。

 

もちろん、仕事は仕事、遊びは遊びと分けて考えた方が

生産性が上がる人もいます。

そこは厚労省の言うように多様な働き方を選択できる社会になったとしたら問題ないですよね

働き方

いつでもどこでもだれとでも

仕事ができる今ですので

自分に合った働き方で結果を残していきたいですね

 

 

 

 
 
  • NEXT通信メールマガジン
  • ジーセフ募金プロジェクト
  • LOMBOK
  • シェアアビリティースペース エニシア

グループ概要 お問合せ

〒430-0944 静岡県浜松市中区田町223-21 ビオラ田町 3階

Copyright © NEXT GROUP All Rights Reserved.