NEWS
ネクストグループ
セミナー情報セミナー情報ご挨拶スタッフ紹介グループ概要アクセス・支店紹介リクルートお問合わせ

スタッフブログ

STAFF BLOG

【なぜまだあるの?空っぽのお店が続く理由】

みなさん、こんにちは

猛暑の夏もあと2週間ばかりで、終わりを告げようとしております。

夏生まれの僕としては、ちょっぴり寂しい

NEXT松田です。

さてさて、お盆休み、私は実家に帰って親戚関係への挨拶とお墓参りをしてきましたが、

暑さに負けず活動していきますよ!!

そんな中面白い話があったのでシェアさせていただきます。

この前、大阪でソリューション事業のパートナー会社の

社長さんと名古屋で一緒に飲んでいたのですが、

「へぇ〜、なるほど」

と思うお話がありました。

みなさん、お盆休みに入り、地元へ帰還される方も多いと思います。

そんな懐かしい街を見ている時、

「あれ、まだこのお店やってるんだ、それにしてもいつもお客様いないなぁ」

ってお店あったりましませんか?

僕の地元にもいくつかそういったお店はあります。

それにしても、どうやって経営して存続させているのか?

まったくもってわかりません。

それでも、そういったお店は、

お客様は入らなくても売り上げを伸ばし続ける

【カラクリ】があるのです、、、、。

私の地元にある、その店舗は作業着を主に扱っていて、昔から店内はガラーンとしていて、
とても流行っているとは言い難いのですが、

全国にチェーン展開している大企業だったりするのです。

だから、他の地域では、きっと流行っているのだろうと思っていました。

しかし、この前、大阪の社長さんに聞いたところ、、

「大阪でも全然だよ」とのこと。

それでも店舗は全国にどんどん広がっております。

「ん?どういうことだ?」

「ネット販売? でもなんで店舗を広げる?」

疑問はいくつか浮かびましたが、カラクリを聞いて納得しました。

それは

「実は中国でめちゃめちゃ売れてんねん」

とのこと。

私は、それを聞いて、どうして中国で売れているのに
日本で店舗を増やす理由があるのか? と考えました。

その答えは

「日本で多数店舗出しているというだけで、信用になる。そして
日本では大した品質ではないけど、中国現地に比べたらかなり優秀やねん」

と、おっしゃっておりました。

なるほど。

現在中国は建設ラッシュで、作業着系でたくさんの需要があります。
しかし現地のものは手で引きちぎれてしまうものも多いそう。

そこでメイドインジャパンが人気になるのですが、

日本で多店舗展開しているところのものを扱おうという購入者の心理を上手く
活用したマーケティングであったのです。

日本と海外の差を上手く使った手法には驚かされました。

みなさんの地元でも「どうして、ここはまだ存続しているの?」

という店舗・企業がありましたら、

そこには何か 【カラクリ】 があるかもしれません。

そんなアンテナを立てながら地元に帰ると

見える景色も変わって新しい発見もあるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
松田 創介

松田 創介

静岡大学卒。学生時代はバンド活動に明け暮れていたが、一念発起してアメリカへ留学。各国の留学生と交流する過程で、ビジネスの世界を知り興味を持つ。商社の営業マンとして勤務しながらも適正力学のセミナー講師、各種交流会を主催するなど活動していく。そんな中、代表の中邨と出会う。その後、中邨とコラボでセミナーをしたり、NEXT名古屋拠点の立ち上げに携わる。『人と人が出会い、繋がることで生まれる無限の可能性』を実感。お客様とその先のお客様それぞれに納得される資産形成のサポートをしていきます。
 
 
  • NEXT通信メールマガジン
  • ジーセフ募金プロジェクト
  • LOMBOK
  • シェアアビリティースペース エニシア

グループ概要 お問合せ

〒430-0944 静岡県浜松市中区田町223-21 ビオラ田町 3階

Copyright © NEXT GROUP All Rights Reserved.